電動パーキングブレーキとは?疑問にお応えします!

最近、電動パーキングを新型車で採用しました!などを、よく耳にしませんか?
そもそも、電動パーキングブレーキはなんぞや?と思う方が多数いると思いますので
電動パーキングブレーキについて説明していきます。
欧州車では早くから導入していましたが、国産車メーカーはコスト増に繋がるため高級車などにしか
採用していませんでしたが、最近は国産車の大衆車クラスでも採用する車種が増えてきました。
電動パーキングは文字通りに「電動化(モーターで動かす)」したもので、従来はサイドブレーキかフット式のブレーキが主流でした。

そもそも、なぜ各自動車メーカーが電動パーキングを順次採用するかについてです。
※メリット1
電動パーキングが分からない方の為に、簡単に仕組みについて説明します
電動パーキングは、Pレンジに入れると自動でパーキングブレーキがかかります。
発進する時は、Dレンジにいれてアクセルを踏めば自動でパーキングブレーキが解除され、そのまま発進することが可能です。
全ての車種で装着されているわけではありませんが、オートホールド機能があれば坂道などでブレーキ保持などもしてくれて
発進する際に下がらずに発進できるなどの恩恵があります。

※メリット2
一番のメリットは、電動パーキングと「追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)全車速追従機能付き」との
相性がとても良いことです。
全車速と書いている場合のレーダークルーズは停止までしないといけませんが電動パーキングがない場合は
停止機能のレーダークルーズはほとんど採用されず、ブレーキ軽減機能がほとんどです。
最近は、電動パーキングがない場合でも停止機能付きのレーダークルーズも出てきましたが
電動パーキングではない場合は、停車保持が数秒しかできません。
例ですが、スズキの車は停止までありますが、電動パーキングではないため2秒間しか
停止保持できないため自動で再度発進します。

そもそも2021年から自動ブレーキが義務化される背景や安全装備などが必要な時代になったため
電動パーキングが採用される車種が増えてきました。
良い代表が、スバルのアイサイトです、アイサイト搭載車は全て電動パーキングを採用していますし
欧州車は安全装備に関しては、国産車メーカーよりも早くから積極的に導入していましたから
電動パーキング車が多い理由は、そのためです。
国産でコンパクトカーに電動パーキングが普及しないのはコストがかなりかかるため
利益率が低いコンパクトカーは採用されにくいのが現状です。
ダイハツやスズキなどは採用するにはコスト的に、現状はかなり厳しい状態です。
私が乗っている【レクサスGS450h】も電動パーキングとオートホールド機構を採用しているため
「追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)全車速追従機能付き」
停止保持も数秒ではなく、ずっとしてくれます。前車が発進すればスイッチ操作で再度発進して
追従モードになり、前車がいなくなれば設定速度まで自動で加速します。

参考に私のレクサスGSの電動パーキングです。

IMG_4866.jpg
↑クリックすると別ウィンドウが開きます。

こちらはオートホールド機能です、別々に配置されているため、GSの場合は使いにくいですが…。
IMG_4852.jpg
↑クリックすると別ウィンドウが開きます。

新型FITの電動パーキングとオートホールド機能です。
IMG_3387.jpg
↑クリックすると別ウィンドウが開きます。

マツダCX-8の電動パーキングとオートホールド機能です。
IMG_3276_20200224221007d74.jpg
↑クリックすると別ウィンドウが開きます。

私のブログを読んでもらって、参考写真を見てもらえたら電動パーキングについては理解できたと思います。
私自身、メインで乗る車を購入する時は、電動パーキングがない車は購入候補に入りません!
それだけ電動パーキングは、私にとって外せない装備の一つで、すごく便利な機能です。

私のブログを見て車を買い替えを検討している方は、電動パーキングが有るか無しかの確認もしつつ
電動パーキングがあるからこその、安全装備の充実さや機能などをジックリと見て下さい、違いが分かると思いますよ!

ブログ更新の励みになりますので、ポチッとお願いします!
にほんブログ村 車ブログへ
スポンサーサイト



              
       

スポンサーリンク

               

0 Comments