レクサス新型NXフルモデルチェンジ! 2021年秋頃の予定!気になる変更点は?

レクサスは【レクサスNX】を2021年秋頃にフルモデルチェンジする予定です。
NXはRXよりコンパクトなサイズでユーザーからの支持も多く、レクサスでも人気車種の一台です。
NXを検討するユーザーは、値段やボディサイズで新型ハリアーと競合される事が非常に多いですね。

レクサス新型NXフロント
※画像はベストカー様よりお借りしております。

新型レクサスNXリア
※画像はベストカー様よりお借りしております。



エクステリアはキープコンセプト!多少の変更のみ!


新型NXのエクステリアは、キープコンセプトです。ヘッドライトやテールランプ周りは引き締まったシャープな造形になる予定です。
RXに似せずにNXの良さも引き出しつつ、レクサスらしさのエクステリアになると思います。

ガソリン車に、新開発される直列4気筒2400ccターボ(8速AT)が採用!


ガソリン車は新開発される新開発される直列4気筒2400ccターボ(8速AT)が搭載されます、時期アルファードにも搭載予定のダウンサイジングターボエンジンです。
グレードは、NX300で展開される予定です。
・エンジン出力 300ps/45.0kgm 8速AT
ハイブリッド車はカムリや新型ハリアーに搭載されている、直列4気筒2500ccダイナミックフォースエンジンが搭載されます。
エンジンスペックなどは、カムリやハリアーと全く一緒です。
ハイブリッド車のグレードはNX300hです。

レクサスESで採用されている【デジタルアウターミラー】が採用!


デジタルアウターミラーは賛否両論が多いですね、見た目の問題もありますが逆光や夜間は解像度が悪く、改良の余地が多いオプションです。
新型NXに搭載する頃には、解像度や機能面などスペックが向上するとは思いますが、オプション10万円を出して装着するか?となると、まだまだ課題が多い商品と思います。

新たにプラグインハイブリッドのNX450+のグレードが設定されます。


新型NXの一番の目玉はプラグインハイブリッドのNX450+ではないでしょうか?
RAV4でもプラグインハイブリッドが設定されて非常に人気モデルになっていますが、NXでも設定されるとは思ってもいませんでした。時代の流れで電動化が進んでいるので、それに合わせてラインナップされる予定です。
エンジンスペックは、RAV4プラグインハイブリッドとほとんど変わりません。
・エンジン 直列4気筒2500ccダイナミックフォースエンジン フロントとリアモーター2機で4WD仕様です、EVでの航続距離は90キロ前後になるのではないかと思います。

レクサスRXに採用した【ブレードスキャン式AHSが採用!】


新型RXに採用されたブレードスキャン式AHSが新型NXに採用されます。(オプション設定)


それに合わせて【Lexus Safety System】が最新式にグレードアップされ、標準搭載される予定です。
ただ、RXでもブレードスキャン式AHSのオプション装着率は思ったほど多くないのが実際のところです。
新型NXでブレードスキャン式AHSの認知が高まっていけばいいと思いますが、オプションの値段次第ってところですね。

※まとめ
レクサスNXは、ハリアーと競合されるモデルのため、ブランドとしての立ち位置が薄れていってましたが、新型NXからはインテリアやエンジンのラインナップなど考えるとハリアーとは完全に区別したモデルになります。
インテリアの質感などは、ハリアーを超えてくるでしょうから、今度の情報解禁が待ち遠しいですね!
新しい情報が入り次第、随時更新していきますので、お楽しみに♪


ブログ更新の励みになりますので、ポチッとお願いします!
にほんブログ村 車ブログへまっきーの車生活と気ままなブログ - にほんブログ村
スポンサーサイト



              
       

スポンサーリンク

               

0 Comments